ネットバンクのシティバンクの特徴とは?

シティバンク銀行は本来インターネット上の取引のみのネット専業銀行という訳ではなく支店が日本各地にある所が特徴です。
ただ数がかなり限られてくる為基本的にはインターネットを経由した利用になるかとは思います。
個人で契約が出来るものとしては円普通預金口座・米ドル普通預金口座・マルチマネー口座の3種類となります。
マルチマネー口座はカードの発行が無くATMも利用は出来ない為、高額な資金を所有している場合はマルチマネー口座へ預金をしておく事でカードや暗証番号の盗難等があったとしても被害を最小限に留めることが出来ます。
元々が外資系という事もあり世界中に約100万台のATMを配置している等広範囲なネットワークを持つ所も魅力の一つですね。
現地のATMでお金を引き出すことが可能なので旅行等で海外へ飛び立つ前に口座へ入金しておけば円の口座から現地通貨で引き出せとても便利です。
空港の両替所は列が出来る事も多く面倒な手間が省けますし利用記録も残せる為、帰国後の清算管理も非常に楽です。
日本国内ではゆうちょ銀行やセブン銀行等全国に展開するATMが利用可能ですので入金・出金に困る事はないと思います。
ただ通常は入金・出金に105円から315円の手数料が必要で所定の条件下のみ無料になるというものです。
少額の取引を多数こなす方よりも世界中を飛び回る方や高額の取引を行う方、資産運用を目的に利用される方にはとてもオススメの銀行だと言えます。