FXにおけるポジションとは?

FXにおけるポジションとは持ち高のことであり、外貨の売り買いの状況のことです。
投資家の外貨の売買がどのような状況なのかを表現しています。
ポジションという言葉は、「ポジションを持つ」や「保有ポジション」などとして、FX取引で使用されることがほとんどです。
外貨を買っている時には買いポジション、外貨を売っている時には売りポジションです。
FXでは、外貨預金と違って、売ることからも取引を開始させることが可能です。
売りから始めたことで、外貨を持っていなくても、この場合は、ポジションを持っていることになるのです。
また、買いのことをロングと言ったり、売りのことをショートと言ったりすることもあるので、覚えておくと良いでしょう。
そして、買いポジションとロングポジションは外貨を買っている状態のことを表し、売りポジションとショートポジションは、外貨を売っている状態のことになります。
新規で注文する場合にも、ポジションという言葉が使われます。

新規注文は、ポジションを取るやポジションを建てるといわれています。
場合によっては、ポジションメイクといわれることもあるようです。
また、保有しているポジションを決済する場合は、ポジションクローズといわれています。
このような言葉は、FX取引で当たり前に使われる用語です。
色々な説明や注意書きにも、ポジションという言葉が出ていることは多いので、しっかり身に付けておくことをおすすめします。
FXポジション